買取前の手入れ

買取査定に出す前に最後にやらなければならないのは車両の確認とメンテナンスです。どんなに希少な模型でも動かないのでは値段が付きません。査定に出す前には走行確認をしっかりと行いましょう。天賞堂の模型にはかなりの年代物も多いので、走行に多少の問題があっても無理に動かそうとせず、買取業者に相談してみた方が良いこともあります。

走行確認をしたら、車体全体をていねいに掃除しましょう。ほこりをかぶっていては買取査定も期待できないというものです。天賞堂の模型はかなり精巧に作られているので、細かい部品などを傷つけないように細心の注意を払ってほこり落としを行います。また車体の表面だけでなく車輪などの汚れも丹念に取り除くことが重要です。ケースなどの付属品の汚れにも忘れずに目を配りましょう。

最後に付属品がそろっているか確認をします。説明書などはもちろん、車輪保護用のフィルムや緩衝材まで揃っていれば完璧です。鉄道模型というと本体だけを大事にする人がいますが、ケースや付属品まで含めて一つの商品なのです。このような手入れができなければ普段から行っておきたいものです。売り出すときになって慌てて手を入れてもきれいにするのには限界があります。すべての確認、掃除が終わった状態で査定を受けることが、買取価格を上げるためには重要なのです。