天賞堂の鉄道模型

価格と品質の面で日本の鉄道模型の最高峰と言われるのが天賞堂の模型です。その歴史は古く1878年に創業され、夏目漱石の作品の中にもその名が見られるほどです。元々は貴金属や宝飾品、時計などを扱う会社でしたが1949年から鉄道模型の販売を始めました。今では鉄道模型業界では世界的に有名で、国外での人気も高いのです。

天賞堂の鉄道模型はその精巧な高級感あふれる作りが特徴です。宝飾品の制作に用いられるロスとマックス技術を利用した真鍮製の模型に加えて、近年ではプラスチック製の模型も生産していますが、こちらも作りの上では妥協のない緻密なものとなっています。国鉄車両や新幹線など日本製の列車の模型のほかに米国製の列車の模型もあります。1992年まではハンドメイドの模型も販売されていました。このため他の鉄道模型よりは値が張りますので、熱心な大人の鉄道ファン向けの商品とも言えるでしょう。

天賞堂の鉄道模型は愛好家の間で高値で取引されることがよくあります。ですから天賞堂の模型を買い取りに出す場合は、その価値を正当に評価してくれる業者を選ばなければなりません。一般のリサイクルショップなどで満足のいく値段をつけてもらうことは難しいと言えるでしょう。